保健師・保険者のための透析予防行政-医療連携ハンドブック

平井愛山, 松本洋 編著

データヘルスの具体的な活用法から、行政・保険者と医療機関による透析予防のための地域連携のしくみづくり、いすみ市における成功事例のノウハウまでを完全解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 糖尿病性腎症の透析予防とデータヘルスの背景
  • 第2章 KDBを活用、行政と医療が連携して地域の透析を予防する
  • 第3章 データ分析-透析ハイリスク患者はどこにいるか
  • 第4章 糖尿病性腎症の臨床における最新動向
  • 第5章 糖尿病性腎症2期の重症化防止の効果 行政‐医療連携の枠組みとアウトカム-埼玉県皆野町の事例より
  • 第6章 透析移行阻止で、国民健康保険への法定外繰出金が1億2,000万円から2,000万円に激減-千葉県いすみ市の事例より

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 保健師・保険者のための透析予防行政-医療連携ハンドブック
著作者等 平井 愛山
松本 洋
日本医療企画ヘルスケアソリューション事業部
書名ヨミ ホケンシ ホケンシャ ノ タメ ノ トウセキ ヨボウ ギョウセイ イリョウ レンケイ ハンドブック
書名別名 Hokenshi hokensha no tame no toseki yobo gyosei iryo renkei handobukku
シリーズ名 データヘルスハンドブックシリーズ 1
出版元 日本医療
刊行年月 2015.5
ページ数 80p
大きさ 30cm
ISBN 978-4-86439-368-3
NCID BB19040362
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22590063
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想