超高齢患者のサポート体制構築へ 急性期医療の現状と在宅栄養 : 国民の栄養白書  2013年度版

西村 一弘【監修】;株式会社ヘルスケア総合政策研究所【企画・制作】

急性期から在宅まで今ここにある栄養の課題!高齢患者への早期介入により地域を守り、急性期医療を救う!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 超高齢社会と急性期チーム医療(高齢化の津波に対する急性期医療
  • 低栄養とNSTによる早期介入システム-高齢患者の増加に対し、早期退院を目指した栄養サポートチームの介入システム・実際の取り組み
  • 回復期リハビリテーション病棟におけるADL低下の予防と栄養管理)
  • 第2部 地域一体型NSTへの挑戦(NPO法人西東京臨床糖尿病研究会の取り組み
  • 「栄養療法ネットワーク・前橋」の取り組み
  • 多摩胃ろうネットワークの取り組み
  • 滋賀PEGケアネットワーク、滋賀県NSTネットワークに関して
  • 京滋摂食・嚥下を考える会の取り組み
  • 地域一体型NSTへの挑戦 新宿食支援研究会)
  • 第3部 在宅栄養への道(在宅訪問栄養食事指導の実際
  • 在宅高齢者に向けた配食サービスの実践・在宅に対する配食の取り組み)
  • 特別編 在宅栄養の実践ガイド(現在行っている摂食・嚥下障害支援に対するチーム医療
  • 在宅における摂食・嚥下機能の評価ポイント
  • 栄養補助食品の選び方
  • 在宅経腸栄養のリスク管理
  • 在宅輸液療法のリスク管理
  • 在宅での輸液の選び方)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 超高齢患者のサポート体制構築へ 急性期医療の現状と在宅栄養 : 国民の栄養白書
著作者等 ヘルスケア総合政策研究所
株式会社ヘルスケア総合政策研究所
西村 一弘
書名ヨミ チョウコウレイカンジャノサポートタイセイコウチクヘキュウセイキイリョウノゲンジョウトザイタクエイヨウ : コクミンノエイヨウハクショ : 2013
巻冊次 2013年度版
出版元 日本医療企画
刊行年月 2013.11.28
ページ数 203p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 978-4-86439-193-1
NCID BB14454153
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想