東北アジア研究論叢  2

依田憙家, 王元 編著

[目次]

  • 中国の安全保障問題の概念化に関するグローバル的視点
  • 世界規模のパラダイム転換期に新「東洋王道」の確立を
  • 近代中国における単一制と連邦制
  • アクターと制度効果:文書構造を媒介とした分析
  • 近代日本の中国民族主義運動の認識について-橘樸の場合
  • 早稻田大学与近代中国-1899‐1931留日学生為中心
  • 九一八事変時期日本的戦略及政策演変
  • 対談:東北アジアの政治と外交

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東北アジア研究論叢
著作者等 依田 憙家
王 元
書名ヨミ トウホク アジア ケンキュウ ロンソウ
書名別名 Studies on North-East Asia
巻冊次 2
出版元 白帝社
刊行年月 2010.7
ページ数 242p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-86398-026-6
NCID BA78944053
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21803576
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想