プラスチックの逆襲

デザイン塾 監修 ; 青木弘行, 松岡由幸 編著

プラスチックは、人類が自ら生み出した、唯一本格的な人工材料である。それにも拘わらず、その親である人類は、その加工性のよさや安価などから、単に"便利な材料"として多用するに留まり、それ独自の美の追求や表現をなおざりにしてきたといえる。この産業社会の人身御供というべきプラスチックの問題に対して、本書では正面から立ち向かう。本書は、「プラスチックの逆襲」と題して、プラスチック独自の魅力とその在りようについて、デザイン論の観点から論考する。さらに、プラスチック製造メーカにおける逆襲の実例も紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ
  • 第1部 プラスチックの考現学と美学(不本意なプラスチックの歴史
  • そもそも、プラスチックとは?
  • 生活に染み入り始めたプラスチックの美しさ
  • デザインが生み出すプラスチックの魅力
  • 3Dプリンタがつなぐ「つくる」と「つかう」
  • プラスチック開発の未来を支えるシミュレーション技術
  • まがいものとしてのプラスチック
  • 今、輝いているプラスチックたち)
  • 第2部 プラスチックの逆襲、南条の挑戦(南条とプラスチックの歩み
  • 加飾技術の深化
  • "二つのデザイン"で未来を切り拓く
  • プラスチックの逆襲で、提案型グローバル企業へ)
  • エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 プラスチックの逆襲
著作者等 デザイン塾
寺内 文雄
松岡 由幸
青木 弘行
書名ヨミ プラスチック ノ ギャクシュウ
書名別名 The Avenging Plastics
出版元 丸善プラネット : 丸善出版
刊行年月 2017.6
ページ数 188p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-86345-335-7
NCID BB24121485
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22929454
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想