ボランティアの臨床社会学 : あいまいさに潜む「未来」

津止正敏, 斎藤真緒, 桜井政成 著

あいまいさや揺らぎ、ジレンマを、新たな社会の胎動と捉え直す、臨床的研究方法論。ボランティア活動当事者とともに現場に足を運び、課題を共有しながら分析検討、新たな「知」を開拓していく「ボランティア臨床社会学」。164のケースブックも収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ボランティア研究の今日性(ボランティア・チャレンジドケースとは何か
  • ボランティア観の今日性-ボランティアの揺らぎとジレンマに着目して
  • ボランティア活動の性格と機能-個人・集団・社会との関連で)
  • 第2部 ボランティア・チャレンジドケースの研究(チャレンジドケースの発生現場-ボランティア相談場面をフィールドにして
  • ボランティアコーディネーターが「やる気」になるとき-新しい専門家像の入口に立って
  • ボランティアの臨床社会学の可能性-新たな分析視角の構築にむけて)
  • 第3部 ボランティア研究の展開(コミュニティワーカーとしてのボランティアコーディネーター-業務遂行上の困難性について-考察
  • ボランティア・コミュニティ-地域福祉臨床の視点)
  • 第4部 ケースブック(あいまいさに潜む「未来」-チャレンジケースとサクセスケース)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ボランティアの臨床社会学 : あいまいさに潜む「未来」
著作者等 斎藤 真緒
桜井 政成
津止 正敏
書名ヨミ ボランティア ノ リンショウ シャカイガク : アイマイサ ニ ヒソム ミライ
出版元 クリエイツかもがわ
刊行年月 2009.6
ページ数 289p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-86342-022-9
NCID BA90204646
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21616204
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想