ヒトはなぜ病気になるのか

長谷川眞理子 著

医学の目ではなく、「進化生物学」の目で病気と健康を考える。人間の身体とは何か、病いとは何かへの新たなアプローチ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 病気はなぜあるのか?(生物の進化の歴史
  • 進化とは何か ほか)
  • 第2章 直立二足歩行と進化の舞台(地上から樹上、再び地上へ
  • 腕の可動性 ほか)
  • 第3章 生活習慣病(狩猟採集生活
  • 運動 ほか)
  • 第4章 感染症との絶えざる闘い(寄生者と宿主の関係
  • 人類の歴史と病原体の進化 ほか)
  • 第5章 妊娠、出産、成長、老化(妊娠の成立と維持をめぐる攻防
  • 母親と胎児の「蛇口の開け閉め戦争」 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヒトはなぜ病気になるのか
著作者等 長谷川 真理子
長谷川 眞理子
書名ヨミ ヒト ワ ナゼ ビョウキ ニ ナルノカ
書名別名 Hito wa naze byoki ni narunoka
シリーズ名 ウェッジ選書 27
出版元 ウェッジ
刊行年月 2007.5
ページ数 202p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-86310-000-8
NCID BA81975102
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21243292
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想