平和なる共生の世界秩序を求めて : 政治哲学の原点

加藤信朗 著

日本に政治哲学はあるのだろうか?残念だがわが国には政治哲学が欠如しており、さらに深刻なのは哲学者自身がその反省意識を持たず、政治家や国民も哲学者にそれを求めてこなかったことにある。自民党による長期政権が崩壊して20年、新しい政治と国家の未来像が見えてこない中、今こそ善き国民と善き国家とは何かを問う政治哲学が要請されている。著者は古代ギリシャにおいて、プラトン、アリストテレスによって形成された政治哲学の真意を、『ポリテイア』『法律』『政治学』『ニコマコス倫理学』を通して簡潔に説明し、それが近代デモクラシーや政治の源泉であることを明らかにする。科学技術の目覚ましい進展は、わが内なる自然と外なる自然に大きな亀裂を生み出している。自然との共生によって育んできたわが国の伝統文化の豊かな知恵をグローバル化する世界にいかに発信するのか。二十数年に及ぶ業績を集成して世に問う、著者渾身の一書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに 政治哲学の確立を求める
  • 第1章 政治の原点としての哲学-いま日本の哲学に求められているもの
  • 第2章 公共性-ギリシャ政治哲学の原点
  • 第3章 「理想国」論への視座-三大著作の収斂点をめぐって
  • 第4章 共生-自然の内における共生・東アジアからの声
  • 第5章 報復の正義と赦しの正義-共生の正義を求めて
  • おわりに 自然の内に生きる-政治哲学の原点を探る

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 平和なる共生の世界秩序を求めて : 政治哲学の原点
著作者等 加藤 信朗
書名ヨミ ヘイワ ナル キョウセイ ノ セカイ チツジョ オ モトメテ : セイジ テツガク ノ ゲンテン
出版元 知泉書館
刊行年月 2013.6
ページ数 203p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-86285-158-1
NCID BB13008367
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22332115
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想