震災復興が語る農山村再生

稲垣文彦 ほか 著

新潟県の中越大震災から10年。住民主体の地域づくりが着実に進み、集落は元気になり、若者たちが移住した。それは、人口減少社会の新しい扉を開けた、全国の農山村・中山間地再生のモデルケースである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 震災復興に立ち向かった10年-なぜ「地域づくりの本質」が見えたのか(小さな声を復興の大きな流れへ-ボランティアからすべてが始まった
  • 地域復興支援員という試み-全国初の人的支援制度 ほか)
  • 第2章 復興のすごみ、奥深さ-集落が変わった(限界集落から奇跡の集落へ-十日町市池谷・入山集落
  • 集落は復興した-長岡市(旧山古志村)池谷集落 ほか)
  • 第3章 震災復興が生み出したもの(新たな自治の可能性-集落を超えた地域づくりの枠組み
  • 担い手確保への挑戦-イナカレッジの意義 ほか)
  • 第4章 震災復興から地域づくりへ(地域づくりの足し算と掛け算-コンサルタント主導の地域づくりの間違い
  • 専門家ではない支援者が地域を変える ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 震災復興が語る農山村再生
著作者等 小田切 徳美
日野 正基
石塚 直樹
稲垣 文彦
金子 知也
阿部 巧
書名ヨミ シンサイ フッコウ ガ カタル ノウサンソン サイセイ : チイキズクリ ノ ホンシツ
書名別名 地域づくりの本質

Shinsai fukko ga kataru nosanson saisei
出版元 コモンズ
刊行年月 2014.10
ページ数 269p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-86187-119-1
NCID BB17024161
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22490628
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想