菜園家族21 : 分かちあいの世界へ

小貫雅男, 伊藤恵子 著

市場万能主義に安住していては地球温暖化は防げない。「菜園家族」は、地球の破局を回避し起死回生をはかる、唯一の道である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 国破れて山河あり
  • 第1章 「辺境」からの視点
  • 第2章 人間復活の「菜園家族」構想
  • 第3章 グローバル経済の対抗軸としての地域-森と海(湖)を結ぶ流域地域圏再生への道
  • 第4章 地域再生に果たす国と地方自治体の役割
  • 第5章 "菜園家族 山の学校"その活動と未来への夢
  • エピローグ 分かちあいの世界へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 菜園家族21 : 分かちあいの世界へ
著作者等 伊藤 恵子
小貫 雅男
書名ヨミ サイエン カゾク 21 : ワカチアイ ノ セカイ エ
出版元 コモンズ
刊行年月 2008.6
ページ数 253p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-86187-049-1
NCID BA86744854
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21446646
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想