ヴィルヘルム・ミュラーの生涯と作品

渡辺美奈子 著

詩人は何を探し求めたのか。時代背景とともにその生涯と精神を丹念に読み解き作品に「何がいかに描かれているか」を問う独創的研究。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 研究の目的と方法
  • 第1章 少年期(1794年〜1812年夏)
  • 第2章 解放戦争従軍時代(1812年秋〜1814年夏)
  • 第3章 ブリュッセルから故郷へ(1814年秋〜冬)
  • 第4章 ベルリン時代(1815年〜1817年夏)
  • 第5章 成熟期(1817年8月〜1825年)
  • 第6章 晩年(1826年〜1827年9月)
  • 終章 ミュラーとシューベルト

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヴィルヘルム・ミュラーの生涯と作品
著作者等 渡辺 美奈子
書名ヨミ ヴィルヘルム ミュラー ノ ショウガイ ト サクヒン : フユ ノ タビ オ チュウシン ニ
書名別名 Wilhelm Müller's Life and Works

Wilhelm Müller's Life and Works : 『冬の旅』を中心に

Viruherumu myura no shogai to sakuhin
出版元 東北大学出版会
刊行年月 2017.7
ページ数 306p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-86163-276-1
NCID BB2398220X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22932511
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想