鹿児島の島々

高宮広土, 河合渓, 桑原季雄 編

長島、甑島列島、大隅諸島、トカラ列島、奄美群島…。南北600kmの鹿児島県には、28の有人島、650もの島々がある-。文化的資産、宗教、教育、ソテツ、食文化、ライフスタイル、水資源、毒蛇、吸血虫、親族研究、闘牛、経済、観光、エネルギー、人口、果樹、在来作物、サトウキビ、漁業、海藻、黒潮、火山、生物多様性、昆虫、化石。社会科学、自然科学、30人の研究者による島嶼の総合的学術報告。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 文化と社会(鹿児島の島嶼の文化と社会
  • 奄美の文化と社会に関する研究の現状と展望
  • 奄美の宗教について-島民の精神史的動態 ほか)
  • 第2部 産業(鹿児島県の島嶼経済に関する研究-英文文献を中心として
  • 奄美振興開発事業と経済社会の変容
  • 小島を結ぶ多島圏共治力-与路島・請島・加計呂麻島の人口減少と対策 ほか)
  • 第3部 自然(鹿児島県島嶼における自然系研究の概要
  • 黒潮-その物理機構と鹿児島の自然と文化に果たす役割
  • 九州の南に連なる火山の島々 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鹿児島の島々
著作者等 桑原 季雄
河合 渓
高宮 広土
書名ヨミ カゴシマ ノ シマジマ : ブンカ ト シャカイ サンギョウ シゼン
書名別名 文化と社会・産業・自然
出版元 南方新社
刊行年月 2016.3
ページ数 291p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-86124-336-3
NCID BB21100150
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22752559
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
あまみ島嶼地域の健康問題と長寿 嶽崎俊郎, 新村英士, 桑原和代
九州の南に連なる火山の島々 坂本昌弥, 木下紀正
再生可能エネルギーを利用した自然循環型ライフサイクルの提案 市川英孝
奄美の宗教について 西村明, 財部めぐみ
奄美の文化と社会に関する研究の現状と展望 桑原 季雄
奄美振興開発事業と経済社会の変容 皆村武一
奄美群島におけるソテツ、食物、文化的景観 フィリップ・ヘイワード, 桑原 季雄
奄美群島における親族と社会組織 中谷純江
小島を結ぶ多島圏共治力 長嶋俊介
日本の教育制度と鹿児島県の離島における教育 八田明夫
薩南諸島の唐辛子 山本宗立
養殖資本誘致による離島漁業振興の効果と課題 鳥居享司
鹿児島の島嶼の文化と社会 桑原 季雄
鹿児島の島嶼の生物多様性 岡野隆宏
鹿児島県の島における環境衛生 野田伸一
鹿児島県の島嶼経済に関する研究 西村知
鹿児島県島嶼における自然系研究の概要 河合 渓
鹿児島県島嶼域における作物遺伝資源保存の重要性について 遠城道雄
鹿児島県島嶼域の農業 冨永茂人
鹿児島県島嶼域の農業 朴炳宰
鹿児島県島嶼部の観光にみられる特徴と諸問題 萩野誠
鹿児島県離島部における昆虫相報告について 坂巻祥孝
黒潮 中村啓彦
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想