融けるデザイン

渡邊恵太 著

テクノロジーの進歩によりますます変容する世界を捉え、デザインしていくためには?これからのものづくりのための最重要キーワード「自己帰属感」を軸に、情報を中心とした設計の発想手法を解き明かす。UX、IoTの本質を掴みたい人へ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 Macintoshは心理学者が設計している
  • 第2章 インターフェイスとは何か
  • 第3章 情報の身体化-透明性から自己帰属感へ
  • 第4章 情報の道具化-インターネット前提の道具のあり方
  • 第5章 情報の環境化-インタラクションデザインの基礎
  • 第6章 デザインの現象学
  • 第7章 メディア設計からインターフェイスへ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 融けるデザイン
著作者等 渡邊 恵太
書名ヨミ トケル デザイン : ハード ソフト ネット ジダイ ノ アラタ ナ セッケイロン
書名別名 ハード×ソフト×ネット時代の新たな設計論
出版元 ビー・エヌ・エヌ新社
刊行年月 2015.1
ページ数 237p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-86100-938-9
NCID BB17748853
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22532567
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想