12歳の少年が書いた量子力学の教科書

近藤 龍一【著】

10歳にしてあらゆるジャンルの本を読み漁り(年間3000冊)、自分の志す道は物理学にあると考えるに至った著者が、独学で量子力学を学ぶ上で感じた「こんな本があれば」という想いを形にした渾身の一冊。入門者が数式を飛ばして読んでも概要を理解できる!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第0章 量子力学とは何か-最も基本的な事柄
  • 第1章 万物の根源-量子力学の誕生
  • 第2章 前期量子論-古典力学の破綻
  • 第3章 数学的定式化-量子論から量子力学へ
  • 第4章 内在的矛盾と解釈問題-量子力学は正しいか?
  • 第5章 量子力学の先へ-範囲拡大
  • 第6章 近未来的応用への道-量子力学の利用

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 12歳の少年が書いた量子力学の教科書
著作者等 近藤 龍一
書名ヨミ ジュウニサイノショウネンガカイタリョウシリキガクノキョウカショ
出版元 ベレ出版
刊行年月 2017.7.25
ページ数 319p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-86064-513-7
NCID BB23966112
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想