キュレーションの現在

フィルムアート社 編

キュレーションという言葉がひとり歩きする状況をどう考えていますか?地方でも全国区に刺さる展覧会をしかけるために、何をしていますか?表現と社会がぶつからないように/ぶつかってしまったら、どうすればいいですか?なぜ、アーティストにキュレーションが必要なのですか?歴史を変えた展覧会について教えてください。いまの社会に対して、アートは何ができますか?最前線の担い手たちがアートの現場を語る!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • キュレーションの現在
  • キュレーションの「可能性」とは?-90年代から3・11以後までを展望する
  • 変わる言葉、変わる時代
  • どんな価値を生み出すのか
  • 「刺さる」仕事をするために
  • アートが「世界」を問い直す
  • 知っておきたい、歴史を変えた11の展覧会
  • 日本からキュレーションの未来を考える
  • キュレーション年表
  • キュレーションをめぐる6の質問

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 キュレーションの現在
著作者等 フィルムアート社
書名ヨミ キュレーション ノ ゲンザイ : アート ガ セカイ オ トイナオス
書名別名 アートが「世界」を問い直す
シリーズ名 Next Creator Book
出版元 フィルムアート社
刊行年月 2015.2
ページ数 225p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8459-1453-1
NCID BB18115433
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22546303
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想