ビッグデータ入門 : 分析から価値を引き出すデータサイエンスの時代へ : いま必要な知識が3時間で身につく

小林孝嗣, できるシリーズ編集部 著

[目次]

  • 第1章 ビッグデータとは何か(ビッグデータとは1-IT技術の進歩とともに蓄積された「巨大なデータ」
  • ビッグデータとは2-モバイル、ソーシャル、クラウドによるデータ量の増加 ほか)
  • 第2章 ビッグデータを処理する技術、分析する技術(ビッグデータの価値連鎖-データから価値を引き出す5つの段階とエコシステム
  • 列指向型/インメモリ型データベース-増え続けるデータを処理するデータベースの進化 ほか)
  • 第3章 分析から知見を導き出すデータサイエンティスト(データサイエンティストの人材像-ビッグデータに必要とされる人材を取り巻く環境
  • データサイエンティストの業務の流れ-データサイエンティストのスキルが生きる3つのフェーズ ほか)
  • 第4章 日本企業で進むビッグデータのビジネス活用(活用事例の分類-ビッグデータが活用されるビジネスの主な領域
  • 事例1 ディスプレイ広告とビッグデータ-データを駆使して最適な広告を配信するマイクロアド ほか)
  • 第5章 ビッグデータ時代の情報の扱い方と今後の展望(ビッグデータ活用への備え-ビッグデータ活用の第一歩はスモールデータの成功体験から
  • 個人に関するデータをめぐる動き-利用者の感情に配慮したデータ活用が大前提になる ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ビッグデータ入門 : 分析から価値を引き出すデータサイエンスの時代へ : いま必要な知識が3時間で身につく
著作者等 できるシリーズ編集部
インプレスジャパン
小林 孝嗣
書名ヨミ ビッグ データ ニュウモン : ブンセキ カラ カチ オ ヒキダス データ サイエンス ノ ジダイ エ : イマ ヒツヨウ ナ チシキ ガ サンジカン デ ミ ニ ツク
シリーズ名 できるポケット+
出版元 インプレスコミュニケーションズ
インプレスジャパン
刊行年月 2014.1
ページ数 158p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-8443-3529-0
NCID BB14826145
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22360849
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想