足跡は消えても : ハンセン病史上のキリスト者たち

森幹郎 著

本書が取りあげた時代は、19世紀の末から20世紀の前半、明治・大正・昭和戦前期まで、およそ6、70年の間である。この時代、わが国では貧困や疾病の問題が一挙に社会問題になった。ハンセン病の問題もその一つであった。本書が取りあげた人は、この時代にハンセン病とかかわって生きたキリスト者である。日本人もいれば外国人もいる。ハンセン病の患者もいれば、医師・看護婦・事務員・牧師・宣教師・修道女もいる。その教派はカトリック・聖公会・プロテスタントと広範にわたる。章節を立てて取り上げた人の数はおよそ40人、人物索引に収録した人の数は650人に近い。本書は、これらの人をハンセン病政策とのかかわりの中で見たものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 大風子油の岡村平兵衛
  • 富士の裾野・復生病院の人々
  • K・ヤングマンと好善社の人々
  • 待労病院のコール神父と修道女
  • 草津・湯之沢地区の人々
  • 外島家族教会をめぐる人々
  • 瀬戸内の島・大島青松園の人々
  • 野林格蔵が青年牧師に残した形見
  • ホーリネス教会をめぐる人々〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 足跡は消えても : ハンセン病史上のキリスト者たち
著作者等 森 幹郎
書名ヨミ ソクセキ ワ キエテモ : ハンセンビョウ シジョウ ノ キリストシャタチ
書名別名 Sokuseki wa kietemo
出版元 ヨルダン社
刊行年月 1996.12
ページ数 357p
大きさ 20cm
ISBN 4842802146
NCID BN15693449
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98019027
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想