日本の梅・世界の梅

堀内昭作 編 ; 堀内昭作 ほか共著

本書においてはこれからの時代にふさわしい二つの新しい方針に向って挑戦を試みた。その一つは、梅発祥の地である中国の情報をできる限り収集・整理し、日本の情報と併記することにより、古くから梅文化の交流が行われてきた、日・中両国の精神文化の深い関連と絆を明らかにしようとしたこと、二つは、今まではあまり試みられたことのなかった自然科学分野と人文科学分野の観点を併記して収録し、いずれの分野の方々の興味にも対応できるようにしたことである。とくに、中国の梅文化に関する重要文献は資料集としての価値を高める意味から、原文を掲載すると共に拙訳をも試みた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 世界のウメ生産事情
  • 第2章 ウメの生物学的特性
  • 第3章 ウメの起源と歴史
  • 第4章 ウメの品種・系統・分類
  • 第5章 園芸文化と梅
  • 第6章 梅の文化史
  • 第7章 御津の海

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の梅・世界の梅
著作者等 吉田 雅夫
堀内 昭作
狩野 博幸
長谷部 秀明
崎谷 忠三
須崎 輝男
中村 恒夫
書名ヨミ ニホン ノ ウメ セカイ ノ ウメ
出版元 御津町
刊行年月 1996.3
ページ数 263p
大きさ 27cm
ISBN 4842596244
NCID BN15854741
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97051798
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想