移動という経験

伊豫谷登士翁 編

グローバリゼーションが問題とされるいま、人の移動に関わる研究も根底から転換を迫られている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 はじめに(「移民研究」の課題とは何か
  • 政治の陰としての「移民」)
  • 2 人の移動という課題(兵士という移動
  • 難民移動の系譜学-「余計者」から「保護すべき対象」へ
  • 定住と移動の溶解-移動する身体/意味づけられる身体
  • 批判的移民研究に向けて-フィリピン女性移民を通して)
  • 3 移動という経験の出会う場(移民と先住民のあいだ
  • 日系/Nikkeiのかなたへ
  • 「多文化共生」という無難な安全地帯
  • グローバル空間としての「アジア」と人と移動)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 移動という経験
著作者等 伊予谷 登士翁
書名ヨミ イドウ ト イウ ケイケン : ニホン ニ オケル イミン ケンキュウ ノ カダイ
書名別名 Experiences in Motion

Experiences in Motion : 日本における「移民」研究の課題
出版元 有信堂高文社
刊行年月 2013.8
ページ数 239p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8420-6584-7
NCID BB13125779
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22287761
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「多文化共生」という無難な安全地帯 飯笹佐代子 著
「移民研究」の課題とは何か 伊豫谷登士翁 著
グローバル空間としての「アジア」と人の移動 伊豫谷登士翁 著
兵士という移動 松村美穂 著
定住と移動の溶解 高野麻子 著
批判的移民研究に向けて 小ケ谷千穂 著
政治の陰としての「移民」 伊豫谷登士翁 著
日系/Nikkeiのかなたへ 山脇千賀子 著
移民と先住民のあいだ マーク・ウィンチェスター 著
難民移動の系譜学 山岡健次郎 著
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想