Mama

紅玉いづき 著

海沿いの王国ガーダルシア。トトと呼ばれる少女は、確かな魔力を持つ魔術師の血筋サルバドールに生まれた。しかし、生まれつき魔術の才には恵まれなかった。ある日トトは、神殿の書庫の奥に迷い込んだ。扉の奥から呼ばれているようなそんな気がしたから。果たしてそこには、数百年前に封印されたという人喰いの魔物が眠っていた。トトは魔物の誘いにのった。魔物はその封印から解き放たれ、トトは片耳を失った。そして強い魔力を手に入れた-。これは、孤独な人喰いの魔物と、彼のママになろうとした少女の、儚くも愛しい歪んだ愛の物語。第13回電撃小説大賞"大賞"受賞『ミミズクと夜の王』の紅玉いづきが贈る、二つ目の"人喰い物語"。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 Mama
著作者等 紅玉 いづき
書名別名 Mama

Mama
シリーズ名 電撃文庫 1554
出版元 メディアワークス : 角川グループパブリッシング
刊行年月 2008.2
ページ数 281p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-8402-4159-5
NCID BA89138792
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21364860
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
AND 紅玉 いづき
MAMA 紅玉 いづき
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想