プチ哲学

佐藤雅彦 文と絵

「かわいいものをやりたい気持ち」と「かわいいものだけに終わりたくない気持ち」-。それが二年前、当時の編集長である岡戸絹枝さんから、オリーブで連載をという話があった直後に、どうしようかとあれこれ考えているときの、僕の正直な気持ちでした。そんな相反するようなことが果たしてひとつの表現になるだろうか。それから自分の中でいろんな試行錯誤をくりかえし、僕は「かわいらしさだけに終わっていないかわいらしさ」を持ったあるひとつの表現に辿りつきました。それが、この「解説つきの漫画」という少しだけ変わった形の"プチ哲学"だったのでした。名前に哲学とは付いていますが、むずかしく考えず気軽に楽しく読んでもらえたらと思います。そして気に入ったテーマがあれば、ちょっとだけ深く考えてみてください。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 二匹の小魚-「不変」ということ
  • ひよこの誕生-「想像力」について
  • 寿命は60m-「価値のはかり方」について
  • 汝自身を知れ(ある辞書の悩み)-「面白い構造」について
  • うっかり電池くんの証明法-「前提条件が教えてくれる」
  • コーヒーカップたち-「無垢」ということ
  • かわいい勘違い-「外からつくる、内からつくる」
  • 時間厳守?なネズミ-「時間」に負けない
  • 蟻の行進-「次元を変える」
  • キツツキの理屈-「詭弁」にごまかされない〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 プチ哲学
著作者等 佐藤 雅彦
書名ヨミ プチ テツガク
書名別名 Puchi tetsugaku
出版元 マガジンハウス
刊行年月 2000.6
ページ数 93p
大きさ 19cm
ISBN 483871226X
NCID BA47319393
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20131950
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想