狂歌百人一首泥亀(すっぽん)の月を読む : 戯劇百人一首闇夜礫への改作

山本廣子 著

小倉百人一首をもじった『狂歌百人一首泥亀の月』。江戸庶民の哀歓を詠い上げた江戸のもじり歌には、現代社会にも通じる面白味がある。著者は狂歌と戯画を見比べながら、巧みなうがちを見抜き、作者・越谷山人の戯の世界を読み解く。東京都立中央図書館特別文庫室蔵『狂歌百人一首泥亀の月』とその改作『戯劇百人一首闇夜礫』の影印を全篇掲載。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 評釈篇(『狂歌百人一首泥亀の月』評釈)
  • 第2部 研究篇(研究対象とした伝本
  • 『狂歌百人一首泥亀の月』および『戯劇百人一首闇夜礫』の成立
  • 江戸狂歌史における作品の位置
  • 両作品の特徴)
  • 第3部 翻刻篇
  • 第4部 影印篇

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 狂歌百人一首泥亀(すっぽん)の月を読む : 戯劇百人一首闇夜礫への改作
著作者等 山本 廣子
山本 広子
書名ヨミ キョウカ ヒャクニン イッシュ スッポン ノ ツキ オ ヨム : ドウケ ヒャクニン イッシュ ヤミヨ ノ ツブテ エノ カイサク
書名別名 狂歌百人一首泥亀の月を読む
シリーズ名 狂歌百人一首闇夜礫
狂歌百人一首泥亀の月
出版元 武蔵野書院
刊行年月 2009.2
ページ数 297p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8386-0233-9
NCID BA89815008
BA90412767
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21580317
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想