勝つことのみが善である : 宿澤宏朗全戦全勝の哲学

永田洋光 著

大学時代には2年連続日本一を成し遂げた早稲田大のキャプテン、強豪・スコットランドから金星をあげたラグビー日本代表監督、そして、世界とわたりあった三井住友銀行の凄腕バンカー-1年前、55歳でこの世を去った男の闘いの軌跡を追う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 決戦まで
  • 第1章 黄金の日々
  • 第2章 世界と戦った2年半
  • 第3章 原点としてのロンドン
  • 第4章 一卵性家族
  • 第5章 集大成
  • 第6章 頂上へ
  • エピローグ 餞

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 勝つことのみが善である : 宿澤宏朗全戦全勝の哲学
著作者等 永田 洋光
書名ヨミ カツ コト ノミ ガ ゼン デ アル : シュクザワ ヒロアキ ゼンセン ゼンショウ ノ テツガク
出版元 ぴあ
刊行年月 2007.7
ページ数 332p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8356-1671-1
NCID BA82617232
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21288335
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想