北東アジアの歴史と文化

菊池俊彦 編

この本の情報

書名 北東アジアの歴史と文化
著作者等 菊池 俊彦
書名ヨミ ホクトウ アジア ノ レキシ ト ブンカ
書名別名 A History and Cultures of Northeast Asia
出版元 北海道大学出版会
刊行年月 2010.12
ページ数 582p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8329-6734-2
NCID BB04694988
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21902221
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「北からの蒙古襲来」をめぐる諸問題 中村和之
「靺鞨罐」の成立について 木山克彦
アムール下流域のオシポフカ文化 長沼正樹
イェケ=モンゴル=ウルスの成立過程 白石典之
オホーツク文化前期・中期の地域開発と挫折 天野哲也
オホーツク文化成立以前の先史文化 福田正宏
ガラス玉の道 越田賢一郎
クラスキノ城跡井戸出土土器群の考察 小嶋芳孝
サンタン交易の経済学 佐々木史郎
セイウチの来た道 津曲敏郎
モンゴル高原から中央アジアへの道 村岡倫
元地式土器に見る文化の接触・融合 熊木俊朗
出シベリアの人類史 加藤博文
北東アジアの中世世界 北日本の古代末から中世 小口雅史
北東アジアの初期鉄器文化 村上恭通
北東アジアの古代国家 蝦夷と粛慎 蓑島栄紀
北東アジアの民族接触 明代女真氏族から清代満洲旗人へ 杉山清彦
北東アジアの考古学世界 北東アジアの人類集団 松村博文, 石田肇
北東アジア新石器社会の多様性 大貫静夫
国後島の大規模竪穴群と擦文文化 澤井玄
契丹国(遼朝)の成立と中華文化圏の拡大 武田和哉
女真の考古学 臼杵勲
東亜考古学会の東京城調査 酒寄雅志
漂流民が見た千島のアイヌ 川上淳
環オホーツク海の古代世界 オホーツク文化を担った人々 石田肇
草原の考古学 林俊雄
辰韓・カイ・秦韓・新羅・統一新羅 東潮
近世日本から見た千島列島史 菊池勇夫
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想