Nitobe Inazo : from Bushido to the league of nations

edited by Teruhiko Nagao

[目次]

  • 1 TEXT:NITOBE ON THE LEAGUE OF NATIONS(The Geneva Days:1920‐1926
  • Reminiscences after Retirement:1927‐1931
  • The Time of Japan's Withdrawal from the League of Nations:1932‐1933)
  • 2 COMMENTARY:BACKGROUNDS AND CRITICAL ESSAYS(Introduction:The Historical Context of Inazo Nitobe
  • Nitobe's Bushido:A Western Perspective
  • Bushido:Romantic Nationalism in Japan
  • A Bridge Across the Pacific:Nitobe's Knowledge of English Literature
  • Chinda Sutemi,1857‐1929:Ambassador in War and Peace ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 Nitobe Inazo : from Bushido to the league of nations
著作者等 長尾 輝彦
Nagao Teruhiko
シリーズ名 Humanities series / by Graduate School of Letters, Hokkaido University
出版元 Hokkaido University Press
刊行年月 c2006
ページ数 223 p.
大きさ 22 cm
ISBN 4832966510
NCID BA77718591
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21036859
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 英語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想