戦時下の日本仏教と南方地域

大澤広嗣 著

"大東亜共栄圏"の建設、そこに仏教界はいかに関与したのか-戦時下における南方進攻を主題に、戦争を進めた政府・軍部と仏教界の協働関係の実態を、当時の資料から解明し、戦時下における日本仏教の位置づけを問い直す!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論
  • 第1部 戦時体制と仏教界・仏教学界(財団法人大日本仏教会の組織と活動
  • 国際仏教協会の調査研究とその変容
  • 財団法人仏教圏協会の工作要員養成)
  • 第2部 南方進攻と仏教学者の関与(興亜仏教協会のインドシナ調査
  • ビルマ進攻作戦と仏教宣撫工作
  • マラヤの占領と宗教調査
  • 仏教留学生のインドシナ派遣)
  • 第3部 日本仏教の対南文化進出(真如親王奉讃会とシンガポール
  • ジャワの仏教遺跡ボロブドゥール
  • バンコクの日泰文化会館と仏教界の支援)
  • 結論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦時下の日本仏教と南方地域
著作者等 大澤 広嗣
書名ヨミ センジカ ノ ニホン ブッキョウ ト ナンポウ チイキ
出版元 法藏館
刊行年月 2015.12
ページ数 390p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8318-5542-8
NCID BB2026072X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22693717
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想