思想史家丸山眞男論

大隅和雄, 平石直昭 編

丸山真男が「本店」と称した日本思想史研究について、講義録等の最新資料を使いつつ、時代像と方法を軸に詳細に検討した初の本格的評論集。各分野の第一線の研究者による肉迫と対論から、立体的な丸山思想史の全体像がここに浮上する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 "日本思想史"の全体像を中心に(原型(古層)論と古代政治思想論
  • "原型=古層"から世界宗教へ-『丸山真男講義録(第四冊)』を読む
  • 丸山真男と近世/日本/思想史研究)
  • 2 "方法"の問題を中心に(丸山思想史学と思惟様式論
  • 丸山真男における自我の問題の一断面
  • 丸山真男における近・現代批判と伝統の問題)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 思想史家丸山眞男論
著作者等 大隅 和雄
安丸 良夫
川崎 修
平石 直昭
末木 文美士
松沢 弘陽
水林 彪
沢井 啓一
書名ヨミ シソウシカ マルヤマ マサオ ロン
出版元 ぺりかん社
刊行年月 2002.7
ページ数 405p
大きさ 20cm
ISBN 4831510157
NCID BA58192534
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20317218
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想