心臓病診療プラクティス  18

吉川純一 ほか編著

本書は若手医師やインターベンションに直接携わらない医師が手ごろに読めるとともに、専門医が求める水準にも達するように基本的な内容から最新の情報まで網羅。循環器疾患のうち、インターベンションの適応範囲は冠動脈疾患、弁膜症、先天性心疾患、不整脈、大動脈・末梢動脈疾患、肺塞栓症などであるが、最大の標的は冠動脈疾患である。本書の企画の中心も冠動脈インターベンションである。本書ではまず、病変血管開大の機序を臨床・基礎の両面から解説する。ついで、インターベンションに必要な基礎知識、手技の実際と器具の使い分け、合併症、治療成績、予後を解説する。冠動脈疾患以外の領域におけるインターベンションの現況にも内科、外科双方の立場から概説する。最後に、インターベンション周辺の問題点や将来の展望に触れ、本書で、インターベンションの概要が把握できるようになっている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 序論
  • 2 冠動脈インターベンション(血管開大の機序
  • 適応と禁忌・不適応
  • 用具・周辺機器の基礎知識はどこまで必要か
  • 実施に必要な基礎知識 ほか)
  • 3 他の心血管インターベンション(先天性心疾患
  • 弁膜症
  • 不整脈疾患
  • 血管疾患:末梢動脈、大動脈 ほか)
  • 4 インターベンション周辺の問題点(コメディカルスタッフの役割
  • インターベンションの経済評価
  • インターベンション担当医の資格と教育
  • 本邦におけるインターベンションの今後の展開)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 心臓病診療プラクティス
著作者等 吉川 純一
土師 一夫
別府 慎太郎
松崎 益徳
笠貫 宏
書名ヨミ シンゾウビョウ シンリョウ プラクティス
書名別名 インターベンションを活かす

Shinzobyo shinryo purakutisu
巻冊次 18
出版元 文光堂
刊行年月 1998.9
ページ数 278p
大きさ 26cm
ISBN 483061658X
NCID BA3735171X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99037245
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想