文芸書簡 : 1899~1925

ライナー・マリーア・リルケ, H.フォン・ホーフマンスタール 著 ; 塚越敏 訳・解説

ホーフマンスタールは、ゴッホの描いた靴が道具としての靴ではなく、事物としての即自存在している靴であると知っていた。リルケもまた、ロダンの作品が芸術事物として不在を現前させていることを、また1907年のサロン・ドートンヌで視たセザンヌの絵画に不在の現前を視て、ミメシスとしての芸術作品を拒否していた。だがホーフマンスタールは、リルケの言う「姦淫はするが、けっして受胎することのない不妊の聴覚」で音楽を芸術作品としてとらえていた。果してこの二人の詩人の交流は。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 文芸書簡
  • 註解
  • 原書名・人名年譜補
  • 解説 交流と反発の軌跡

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文芸書簡 : 1899~1925
著作者等 Hofmannsthal, Hugo Hofmann, Edler von
Hofmannsthal, Hugo von
Rilke, Rainer Maria
塚越 敏
リルケ
ホーフマンスタール
書名ヨミ ブンゲイ ショカン : 1899 1925
書名別名 Briefwechsel

Bungei shokan
出版元 文化書房博文社
刊行年月 2003.6
ページ数 233p
大きさ 20cm
ISBN 4830110104
NCID BA62559279
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20422954
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想