我が庭に響け銃声 : 魔術士オーフェンはぐれ旅

秋田禎信 著

「六人が死ぬ」だから、なんだというんだ?そもそもがだ。死の予言なんていう、腹の足しにもならないものに振り回されることさえ間違っているんだろう。"十三使徒"だか、キエサルヒマ大陸の悪魔だか知らないが、邪魔をするなら覚悟はしとけ。はっきりいって、俺は、最高に機嫌が悪い。クリーオウとマジクが行方不明だからだ。ウィノナの話じゃ、最接近領領主は俺に何かを要求しようとしているらしい。くそっ。何が対等な取引だ。とにかく、俺は領主の館を目指す。何があっても、目指す。ひたすら、目指す。だというのに、さっきから何なんだ。俺を取り巻く薄気味悪い空気は!?まさか、本気で殺す気じゃねぇだろうな?襲い来る暗殺者の前に、成す術もなく倒れゆく魔術士たち-。緊迫の物語が、荒野の砂塵に描かれていく。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 我が庭に響け銃声 : 魔術士オーフェンはぐれ旅
著作者等 秋田 禎信
書名ヨミ ワガ ニワ ニ ヒビケ ジュウセイ : マジュツシ オーフェン ハグレタビ
シリーズ名 富士見ファンタジア文庫
出版元 富士見書房
刊行年月 2001.8
ページ数 251p
大きさ 15cm
ISBN 4829113685
NCID BA68200912
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20187008
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想