新選組風雲録  激斗篇

広瀬仁紀 著

激烈な土方勝三弾劾の一書を残し、新選組総長・山南敬助が壬生から姿を消したのは慶応元年2月下旬のことだった。近藤勇の次席である山南が脱走・断罪されたとあっては新選組の威名は地に落ちる。局中は騒然となった-。一方お多加にかくまわれていた桂小五郎は何とか京を脱出しようと謀るが…。動乱の幕末、洛中を舞台に討幕派と新選組の正義を賭けた壮絶な闘い、そして新選組の知られざる内部抗争をあますところなく描いた時代長篇。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新選組風雲録
著作者等 広瀬 仁紀
書名ヨミ シンセングミ フウウンロク
シリーズ名 時代小説文庫 197
巻冊次 激斗篇
出版元 富士見書房
刊行年月 1990.2
ページ数 290p
大きさ 15cm
ISBN 4829111976
全国書誌番号
90021727
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想