エピクロスの肋骨

渋沢竜彦 著

ダンディズムと軽さのエレガンスを基調とする渋沢文学の出発を告知する表題作ほか、才能の萌芽が燦たる処女作「撲滅の賦」、功緻で〓@56F5洒な小品「錬金術的コント」の三篇を収録する。著者自らが、死の直前に発掘を予言していた最初期作品集。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エピクロスの肋骨
著作者等 渋沢 竜彦
書名ヨミ エピクロス ノ ロッコツ
書名別名 Epikurosu no rokkotsu
シリーズ名 福武文庫
出版元 福武書店
刊行年月 1991.6
ページ数 136p
大きさ 16cm
ISBN 4828832017
NCID BA4926353X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91052720
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想