能・狂言 謡の変遷

高桑いづみ 著

[目次]

  • 第1章 能の謡-華やかなフシをたどる(「上ゲ歌」の形成とその応用-返シを謡うということ
  • 世阿弥自筆熊本節付考-"難波梅"・"盛久"・"江口"をめぐって
  • 下間少進手沢車屋本節付考-桃山時代の謡のフシを考える ほか)
  • 第2章 狂言の謡-流行歌の摂取と狂言謡(狂言小歌拍節遡源-狂言小歌は拍子合か拍子不合か
  • 独吟一管「海道下り」の伝承再考
  • 狂言小舞の伝承を考える-和泉流各家のフシの比較を中心に)
  • 第3章 能の周辺・音楽の周辺(ちと年寄しくある女面-"井筒"と"砧"
  • 室町時代の「読ミ物」覚書
  • 風流能と大ノリ謡 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 能・狂言 謡の変遷
著作者等 高桑 いづみ
書名ヨミ ノウ キョウゲン ウタイ ノ ヘンセン : ゼアミ カラ ゲンダイ マデ
書名別名 世阿弥から現代まで
出版元 檜書店
刊行年月 2015.2
ページ数 284p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8279-0998-2
NCID BB18580499
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22556465
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想