中世東国政治史論

佐藤博信 著

[目次]

  • 第1部 関東足利氏の世界(鎌倉府奉行人山名氏・安富氏について-特に房総との関係を中心として
  • 古河公方と結城氏家臣比楽氏-下総比楽氏文書の再検討 ほか)
  • 第2部 房総里見・武田氏の世界(前期里見氏の歴史的位置-特に「房州賢使君源義豊公」の検討を中心に
  • 里見義通試論-前期里見氏研究の深化のために ほか)
  • 第3部 高野山「西門院文書」の世界(連歌師昨夢斎紹旨に関する考察-安房文化史の断章
  • 下総臼井・小弓城主原胤栄に関する覚書-高野山「西門院文書」を中心に ほか)
  • 第4部 安房妙本寺の世界(妙本寺と佐々宇氏
  • 日我と里見義尭-「唯我尊霊百日記」を読む ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中世東国政治史論
著作者等 佐藤 博信
書名ヨミ チュウセイ トウゴク セイジ シロン
書名別名 Chusei togoku seiji shiron
出版元 塙書房
刊行年月 2006.10
ページ数 436, 12p
大きさ 22cm
ISBN 4827312079
NCID BA78948371
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21232033
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想