幕末維新政治史の研究 : 日本近代国家の生成について

井上勝生 著

[目次]

  • 序章 絶対主義と後発国型変革
  • 第1部 基礎構造について(近世後期の長州藩
  • 幕藩制解体過程と全国市場
  • 幕末期政争の基礎構造)
  • 第2部 幕末期政治史(幕末における御前会議と「有司」
  • 尊攘・討幕派の民衆支配思想の特質
  • 幕末の武州豪農と長州藩
  • 幕末政治史のなかの天皇-安政期の天皇・朝廷の浮上について)
  • 第3部 王政復古と政体書(維新変革と後発国型権力の形成-王政復古クーデターを中心に
  • 明治維新と後発国型変革-一八六八年の政府と国家
  • 一八六八年の天皇誕生日の祝祭)
  • 補論 幕末・維新論について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 幕末維新政治史の研究 : 日本近代国家の生成について
著作者等 井上 勝生
書名ヨミ バクマツ イシン セイジシ ノ ケンキュウ
書名別名 Bakumatsu ishin seijishi no kenkyu
出版元 塙書房
刊行年月 1994.2
ページ数 492, 18p
大きさ 22cm
ISBN 4827311056
NCID BN10471632
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95003496
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想