学校で教わらなかった20代の辞書 : くじけそうな自分を支えてくれたのは、いつも言葉の力だった!

千田琢哉 著

たとえば、社会に出てからのエリートは、カンニングの天才だったりする。たとえば、クレームは「大好き」と紙一重の感情だと気づく。20代のうちに、学校では決して教わらなかった、とんでもない解釈と出くわしておくことが、その後の人生を大きく変える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 愛-この世で本当に大切なものは、数値化できない。
  • 挨拶-あなたの1回の挨拶は、4人の人生に影響を与える。
  • 意見-意見はすべて「個人的」意見。「個人的ではない」意見などない。
  • 因果応報-「したこと」は必ず「される」。良いことも、悪いことも。
  • 後ろ-幸せになりたければ、少しだけ後ろを気遣うことだ。
  • 嘘-嘘はついていい。ただし、10年後微笑むことができるように。
  • エレベーター-エレベーターは、人生の実力テスト。
  • 遠慮-チャンスの前でグズグズ遠慮していたら、罰が当たるよ。
  • お金-お金と知恵はアリと蜜の関係。頭の中の知恵は盗まれない。
  • お礼-「ありがとう」は、具体的行動で表現すると人生が変わる。〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 学校で教わらなかった20代の辞書 : くじけそうな自分を支えてくれたのは、いつも言葉の力だった!
著作者等 千田 琢哉
書名ヨミ ガッコウ デ オソワラナカッタ 20ダイ ノ ジショ : クジケソウナ ジブン オ ササエテクレタ ノワ イツモ コトバ ノ チカラ ダッタ
書名別名 Gakko de osowaranakatta 20dai no jisho
出版元 ぱる
刊行年月 2010.11
ページ数 191p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8272-0606-7
NCID BB04331215
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21862798
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想