国の理想と憲法 : 「国際環境平和国家」への道

野村昇平 著

現代を生きる私たちは、地球的規模の環境破壊、発展途上国の貧困と飢餓、そして戦争や紛争の危機に直面しています。本書は、憲法の平和理念を活かして、世界の環境保全と福祉増進を目指す新たな協調体制を論じます。そして、「国際環境平和」を国の理想として掲げることを提唱します。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 日本の将来を決める憲法問題(武力がなくて平和は守れるか
  • 憲法改正の賛成・反対論)
  • 2 地球環境と人類社会の今を知る(環境問題の実態を知る
  • 人口・食糧・水・エネルギー・原発の問題
  • 21世紀の紛争と戦争を考える
  • 生きがいが持てなくなった日本社会)
  • 3 この危機をどう乗り越えるか(行き詰まりの根本原因は何か
  • この国の未来を考えるために
  • 国家エゴイズムを超えて)
  • 提唱 みんなで国に理想を掲げよう(危機を乗り越えるには
  • 行き詰まりの根本原因は国家エゴイズム ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国の理想と憲法 : 「国際環境平和国家」への道
著作者等 野村 昇平
書名ヨミ クニ ノ リソウ ト ケンポウ : コクサイ カンキョウ ヘイワ コッカ エノ ミチ
出版元 七つ森書館
刊行年月 2007.5
ページ数 324p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8228-0742-9
NCID BA81857897
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21313234
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想