オブジェクト指向でなぜつくるのか : 知っておきたいOOP、設計、関数型言語の基礎知識

平澤章 著

オブジェクト指向と関数型言語の本質をズバリ解説。10年後も通用する"基本"を身につけよう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • オブジェクト指向はソフトウエア開発を楽にする技術
  • オブジェクト指向と現実世界は似て非なるもの
  • OOPを理解する近道はプログラミング言語の歴史にあり
  • OOPは無駄を省いて整理整頓するプログラミング技術
  • メモリの仕組みの理解はプログラマのたしなみ
  • OOPがもたらしたソフトウエアとアイデアの再利用
  • 汎用の整理術に化けたオブジェクト指向
  • UMLは形のないソフトウエアを見る道具
  • 現実世界とソフトウエアのギャップを埋めるモデリング
  • 擬人化して役割分担させるオブジェクト指向設計〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 オブジェクト指向でなぜつくるのか : 知っておきたいOOP、設計、関数型言語の基礎知識
著作者等 平澤 章
書名ヨミ オブジェクト シコウ デ ナゼ ツクルノカ : シッテオキタイ OOP セッケイ カンスウガタ ゲンゴ ノ キソ チシキ
出版元 日経BP社 : 日経BPマーケティング
刊行年月 2011.4
版表示 第2版.
ページ数 365p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-8222-8465-7
NCID BB05704566
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21923862
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想