東アジア国際政治史

川島真, 服部龍二 編

前近代の「伝統的」国際秩序の変容から、今日のアジア国際政治までを一望、最新の研究成果を踏まえた確かな叙述で、東アジア国際政治の主旋律をつかみだすとともに、多彩な論点から東アジア地域のダイナミックな変動過程を内容豊かに描き出した画期的通史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 近代東アジア国際政治の形成(東アジアの「伝統的」国際秩序
  • 開国と不平等条約改正-日本による国際標準への適応過程
  • 列強への道をたどる日本と東アジア情勢-日清・日露戦争
  • 中国をめぐる国際秩序再編と日中対立の形成-義和団事件からパリ講和会議まで)
  • 第2部 変動する東アジア国際政治(ワシントン体制下の国際政治-1920年代
  • 満洲事変と日中紛争
  • アジア太平洋戦争と東アジア国際政治の変容
  • 国際政治の中の植民地支配)
  • 第3部 現代東アジア国際政治の形成と展開(日本の復興と国共内戦・朝鮮戦争
  • 中国分断後の国際情勢と日米安保改定
  • アジア冷戦の変容と日本の戦後処理
  • 日中国交正常化から中国の改革開放へ
  • グローバル化時代の東アジア)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東アジア国際政治史
著作者等 川島 真
服部 龍二
書名ヨミ ヒガシアジア コクサイ セイジシ
書名別名 Higashiajia kokusai seijishi
出版元 名古屋大学出版会
刊行年月 2007.6
ページ数 387p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-8158-0561-6
NCID BA82030958
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21252192
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想