稲川淳二の恐怖がたり : 怨み

稲川淳二 著

黴臭い空気に溶ける、湿った酸っぱいような匂い…夏にもかかわらずその空間だけは異常に寒い。肌が泡立ち、背中をいやな汗が流れていく。すぐ後ろに"何か"がいる…"何か"が来る!「オーストラリアの電話」、「病院の火葬場」、「押し入れのおばちゃん」他、稲川怪談の真髄、中期の傑作全27話収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日常のすぐ裏側にある怖さ(電話にまつわる怖い話というと、私、すぐに思い出す、三人の青年に、次々と起こった死の恐怖なんです…
  • 子供の頃に見た、正体不明の浮遊物、今でもはっきり思い出せる、一番怖かった"あれ" ほか)
  • 第2章 噴き出す因縁、つきまとう影(因果は巡る本当にそうなんだ…絶対にそう思える事象が、世の中には多いんですよ
  • もう戦争はまっぴらだ…内海好江師匠の話、聞いて下さいね ほか)
  • 第3章 いったい誰がおかしいのか-(病院って怖いですよ…信じられないことが本当に起こるんですから…
  • 深夜…苦しむ男、穴を掘る女。その部屋で私はいったい誰と寝ていたのか… ほか)
  • 第4章 死が生を凌辱する時…(身の毛もよだつとは、こういう話を言うんでしょうねえ、森末慎二さんが話してくれた、怖い話なんです…
  • この話を聞いたら、同じ目に遭う-私、皆さんに話しちゃっていいのかな- ほか)
  • 第5章 闇に開く異界への門…(映画で有名になったあの"タイタニック号"私、調べたんですが、すごい話があるんです…
  • 後輩の家に泊まった夜、私のすぐそばで、霊の断末魔が再現されていた! ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 稲川淳二の恐怖がたり : 怨み
著作者等 稲川 淳二
書名ヨミ イナガワ ジュンジ ノ キョウフ ガタリ
シリーズ名 ライブ全集 3(1997-1998)
竹書房文庫 3(1997-1998)
出版元 竹書房
刊行年月 2002.8
ページ数 347p
大きさ 15cm
ISBN 4812409667
全国書誌番号
20413846
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想