栄養と生体応答

菅原努 監修 ; 宮澤正顯, 大東肇 編

京都健康フォーラムは、健康をめぐる最新のトピックスを最先端の科学者に論じてもらい、専門家としての現状、問題点、将来への展望を明らかにするとともに、その討論を公開することによって、健康への科学者の努力の一端を知っていただければと思って、企画しているものである。本書は、最近進歩の著しい免疫学、分子遺伝学が食の健康効果にどのように役立つかという点に期待を込めて編集したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 免疫系の基本知識と粘膜免疫の考え方
  • 環境抗原の免疫記憶は遺伝するか?-抗体遺伝子レベルの検証
  • 外科ストレスにおける栄養と免疫制御
  • 細菌LPSに対する生体応答の栄養による修飾
  • 栄養と腸管免疫応答-とくにビタミンAによる賦活作用について
  • 食物中の核酸成分が免疫系に与える影響
  • 乳酸菌摂取による腸内細菌叢と宿主免疫応答の変化
  • 脂質代謝と遺伝子発現-食品による肝臓脂肪酸代謝系酵素の遺伝子発現制御
  • 遺伝子発現からみた抗酸化物質の坑動脈硬化作用
  • 高血圧と遺伝子-遺伝情報を生活習慣に生かす
  • カロテノイドの遺伝子発現に対する影響
  • DNAマイクロアレイを用いた食品研究-味覚の解析を例にして

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 栄養と生体応答
著作者等 大東 肇
宮澤 正顯
菅原 努
宮沢 正顕
書名ヨミ エイヨウ ト セイタイ オウトウ : イデンシ ト メンエキ ノ シテン カラ
書名別名 遺伝子と免疫の視点から

Eiyo to seitai oto
出版元 昭和堂
刊行年月 2004.4
ページ数 144p
大きさ 26cm
ISBN 4812204011
NCID BA67463279
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20589979
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想