分子生物学の基礎

George M.Malacinski 著 ; 川喜田正夫 訳

生化学、分子生物学、細胞生物学などが渾然となった生命科学の前線への道しるべとして、本書は、分子生物学に関する基礎としてこれだけは理解してほしいという一つのめやすを示している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 分子生物学への扉
  • 第1部 タンパク質、核酸、および高分子複合体の構造(高分子
  • 核酸
  • タンパク質分子の物理的構造
  • 高分子の相互作用と複雑な集合体の構造)
  • 第2部 高分子のはたらき(遺伝物質
  • DNAの複製
  • 転写
  • 翻訳
  • 突然変異、突然変異生成とDNAの修復)
  • 第3部 細胞内における高分子の機能の調整(原核生物における遺伝子活性の制御
  • 真核生物における遺伝子活性の制御
  • 真核生物における遺伝子活性の制御)
  • 第4部 生体高分子の人工的改変(トランスポゾン、プラスミド、バクテリオファージ
  • 組換えDNAと遺伝子工学:遺伝子の裁断と縫製
  • 分子生物学の地平)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 分子生物学の基礎
著作者等 Malacinski, George M
Malacinski, George M.
川喜田 正夫
マラシンスキー
書名ヨミ ブンシ セイブツガク ノ キソ
書名別名 Essentials of molecular biology. (4th ed.)

Bunshi seibutsugaku no kiso
出版元 東京化学同人
刊行年月 2004.12
版表示 第4版.
ページ数 544p
大きさ 22cm
ISBN 4807906046
NCID BA69913649
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20712672
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想