100円のコーラを1000円で売る方法 : マーケティングがわかる10の物語

永井孝尚 著

新人商品プランナー・宮前久美が挑んだのは、「Appleにできて日本企業にできない壁」だった。彼女は日本が抱える課題-「高品質・多機能。でも低収益」から脱却できるのか?コトラーからブルーオーシャン、キャズム理論まで1冊でつかめる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 アメリカの鉄道会社はなぜ衰退したのか?-事業の定義
  • 2 「お客さんの言いなりの商品」は売れない?-顧客絶対主義の落とし穴
  • 3 顧客の要望に100%応えても0点-顧客満足のメカニズム
  • 4 値引きの作法-マーケットチャレンジャーとマーケットリーダーの戦略
  • 5 キシリトールガムがヒットした理由-バリュープロポジションとブルーオーシャン戦略
  • 6 スキンケア商品を売り込まないエステサロン-競争優位に立つためのポジショニング
  • 7 商品を自社で売る必要はない-チャネル戦略とWin‐Winの実現
  • 8 100円のコーラを1000円で売る方法-値引きの怖さとバリューセリング
  • 9 なぜ省エネルックは失敗してクールビズは成功したのか-コミュニケーションの戦略的一貫性
  • 10 新商品は必ず売れない?-イノベーター理論とキャズム理論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 100円のコーラを1000円で売る方法 : マーケティングがわかる10の物語
著作者等 永井 孝尚
書名ヨミ 100エン ノ コーラ オ 1000エン デ ウル ホウホウ : マーケティング ガ ワカル 10 ノ モノガタリ
書名別名 100en no kora o 1000en de uru hoho
出版元 中経
刊行年月 2011.12
ページ数 221p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8061-4239-3
NCID BB07837662
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22031499
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想