経済学が面白いほどわかる本 : 日本一やさしい経済学の本  マクロ経済編 経済政策論

大久保隆弘 著

政府や中央銀行によって、実際にどんな経済政策が行なわれているかが、よくわかる。「インフレとデフレはどう違う?」「バブルはなぜ生まれた?」といった、みんなの疑問に答えます。対話形式の懇切ていねいな説明。図解イラストをふんだんに収録、4コママンガで楽しく理解。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • Introduction 「経済政策」ってなに?-市場メカニズムの引き起こす「悪」をやっつけろ!
  • 1 財政政策で、政府はなにをやるの?-GDPの中に占める政府の役割はこんなに大きい!
  • 2 金融政策で、中央銀行はなにをやるの?-日銀がお金の量を調節して景気をコントロール!
  • 3 政策はどのように使い分けるの?-状況によってふたつの政策の効果がまったく逆になる!
  • 4 インフレとデフレはどうちがうの?-政策目的はインフレ抑制からデフレ克服へ!
  • 5 バブル経済はどうして生まれたの?-日本人は、なぜこんなに長く不況に苦しむ!
  • 6 経済成長の条件とは、どんなもの?-技術・資本・労働力の三位一体で押し上げる!
  • 7 通貨制度で経済政策をどうやる?-世界中を動きまわるお金だからこそ、役に立つ!

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 経済学が面白いほどわかる本 : 日本一やさしい経済学の本
著作者等 大久保 隆弘
書名ヨミ ケイザイガク ガ オモシロイホド ワカル ホン : ニホンイチ ヤサシイ ケイザイガク ノ ホン
書名別名 An easy guide to economics
巻冊次 マクロ経済編 経済政策論
出版元 中経
刊行年月 2003.9
ページ数 303p
大きさ 21cm
ISBN 4806118710
NCID BA63940161
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20475490
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想