流通の理論・歴史・現状分析

木立真直, 辰馬信男 編著

[目次]

  • 第1章 企業の理論の形成のために-利潤追求活動と共同体の共存理論の構築
  • 第2章 電子マネーの貨幣論的考察
  • 第3章 マーケティングの矛盾とその顕在化としての消費者参加
  • 第4章 ハンザ都市ハンブルクの発展と醸造業
  • 第5章 環境要因の変化と小売企業の戦略的行動-イギリスの食品小売業を中心にして
  • 第6章 小売主導型流通システムの進化と展開方向-戦後食品流通の展開過程と小売革新を踏まえて
  • 第7章 共同商品開発におけるコンビニエンス・ストアと製造企業との関係性
  • 第8章 航空産業における流通チャネルの垂直的支配と不公正競争-情報化の進展とCRSおよびGDSをめぐる問題を中心として
  • 第9章 サッカーファン・コミュニティと未来型コミュニティの形成条件-ITとのシナジー的連関性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 流通の理論・歴史・現状分析
著作者等 木立 真直
松尾 秀雄
辰馬 信男
書名ヨミ リュウツウ ノ リロン レキシ ゲンジョウ ブンセキ
シリーズ名 中央大学企業研究所研究叢書 26
出版元 中央大学出版部
刊行年月 2006.8
ページ数 240p
大きさ 22cm
ISBN 4805732253
NCID BA77838505
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21093440
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想