サクラソウの目 : 繁殖と保全の生態学

鷲谷いづみ 著

かつては身近な野草でありながら、絶滅危惧植物となってしまったものは数多い。その中のシンボルとも言えるサクラソウを主人公に、野草の暮らしぶりや花の適応進化、虫や鳥とのつながりを生き生きと描き出し、野の花と人間社会の共存の方法を探っていく。保全生態学の入門書としても大好評だった初版に、大型プロジェクト研究による分子遺伝生態学的成果を加え、植物の繁殖と保全の取り組みの方向性を示した。保全生態学の基礎解説も最新の記述に改めた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 サクラソウとの出逢い-花の多様性に魅せられて
  • 2章 プリムラとサクラソウ
  • 3章 時空のはざまをぬって-サクラソウの生活史
  • 4章 花は誰のために咲くのか
  • 5章 瞳の秘密
  • 6章 絶滅が忍び寄る
  • 7章 消えたパートナーを追う
  • 8章 サクラソウをめぐる生き物のネットワーク
  • 9章 遺伝子の多様性を探る
  • 10章 遺伝子流動からみた植物の保全
  • 11章 なぜ生物多様性を守るのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 サクラソウの目 : 繁殖と保全の生態学
著作者等 鷲谷 いづみ
書名ヨミ サクラソウ ノ メ : ハンショク ト ホゼン ノ セイタイガク
出版元 地人書館
刊行年月 2006.5
版表示 第2版.
ページ数 238p
大きさ 19cm
ISBN 4805207752
NCID BA77077792
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21127813
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想