ダライ・ラマの「中論」講義第18・24・26章

ダライ・ラマ14世テンジン・ギャツォ 著 ; マリア・リンチェン 訳

長年の研鑚と瞑想・修行に基づいた、法王自身による縁起・空思想の珠玉の解説書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 仏教の教えを授かるための準備
  • 第1章 『中論』のタイトルと帰敬偈について
  • 第2章 輪廻をもたらす十二支の考察-『中論』第26章
  • 第3章 自我と現象の考察-『中論』第18章
  • 第4章 聖なる"四つの"真理の考察-『中論』第24章

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ダライ・ラマの「中論」講義第18・24・26章
著作者等 Bstan-ʼdzin-rgya-mtsho
Bstan-ʾdzin-rgya-mtsho, Dalai Lama XIV
マリア・リンチェン
His Holiness the Fourteenth Dalai Lama Tenzin Gyatso
Rinchen Maria
リンチェン マリア
ダライラマ14世テンジンギャツォ
書名ヨミ ダライ ラマ ノ チュウロン コウギ ダイ 18 24 26ショウ
書名別名 The Eighteenth,Twenty-fourth and Twenty-sixth Chapters of the Treatise on the Middle Way called Fundamental Wisdom
シリーズ名 中論
出版元 大蔵
刊行年月 2010.5
ページ数 247p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8043-3070-9
NCID BB02132615
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21849506
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想