THE NESSIE湖底に眠る伝説の巨獣  上

ボイド・モリソン 著 ; 阿部清美 訳

イスラム教国首脳会議が開催されたパリのエッフェル塔が、テロ攻撃を受けた。タイラー・ロックとグラント・ウェストフィールドの活躍により、敵の計画は阻止できたかに思えたものの、数日後、会議に参加していた指導者たちが次々と死亡。中東各国はイスラエルの関与を疑い、一触即発の緊張状態に。このままでは欧米を巻き込み、第三次世界大戦勃発の可能性が-。ところが、テロ現場からナチス開発の秘密化学兵器"アルトヴァッフェ"が発見され、事態は衝撃の展開へ。一方、タイラーの妹で動物学者のアレクサは、ネス湖調査中に謎の生物を目撃。それが原因となり、思わぬ形で彼女は一連の事件に巻き込まれていく。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 THE NESSIE湖底に眠る伝説の巨獣
著作者等 Morrison, Boyd
阿部 清美
モリソン ボイド
書名ヨミ ザ ネッシー コテイ ニ ネムル デンセツ ノ キョジュウ
書名別名 THE LOCH NESS LEGACY
シリーズ名 タイラー・ロックの冒険 4
竹書房文庫 4
巻冊次
出版元 竹書房
刊行年月 2016.7
ページ数 309p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-8019-0793-5
全国書誌番号
22757544
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想