『罪と罰』をどう読むか

川崎浹, 小野民樹, 中村邦生 著

黄昏のペテルブルグを彷徨するラスコーリニコフは誰を殺したのか?

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 『罪と罰』への道
  • 2 老婆殺害
  • 3 殺人の思想
  • 4 スヴィドリガイロフ、ソーニャ、ドゥーニャ
  • 5 センナヤ広場へ
  • 6 「エピローグ」の問題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 『罪と罰』をどう読むか
著作者等 中村 邦生
小野 民樹
川崎 浹
書名ヨミ ツミ ト バツ オ ドウ ヨムカ : ドストエフスキー ドクショカイ
書名別名 ドストエフスキー読書会
シリーズ名 罪と罰
出版元 水声社
刊行年月 2016.11
ページ数 251p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8010-0204-3
NCID BB22527682
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22816592
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想