ロシアの物語空間

近藤昌夫, 角伸明, 樫本真奈美, 高田映介, 新井美智代 著

近現代ロシアの作家14人の長・短篇小説を、その核心部を構成する場所・空間の表象に着目して読み解き、人工的な都市と豊かな自然のコントラスト、隠された宗教的シンボル、帰るべき場所を失いさまよう人々の影に満ちている、不可思議な魅力を湛えた"ロシアの物語空間"を探索する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • アレクサンドル・プーシキン『大尉の娘』の物語空間
  • ミハイル・レールモントフ『現代の英雄』-肖像画の空間
  • ニコライ・ゴーゴリ『鼻』-人工都市と反乱する自然
  • イワン・ツルゲーネフ知られざるツルゲーネフ-奇想的人物たちの物語空間
  • フョードル・ドストエフスキー十字路の聖堂-『地下室の手記』から『罪と罰』へ
  • レフ・トルストイ『イワン・イリイッチの死』-長椅子のクロノトポス
  • アントン・チェーホフ・初期物語空間 チェーホフの作家としての聴覚とその物語空間-『やるせない』『家で』『シベリアから』等
  • アントン・チェーホフ・後期物語空間 「ここ」から「どこか」への脱出-『百姓たち』『新しい別荘』『小犬を連れた奥さん』
  • エヴゲーニィ・ザミャーチン『われら』-壁の「こちら」と「むこう」
  • マリーナ・ツヴェターエワプーシキン像と黒の詩学-『わがプーシキン』をめぐって
  • アルセーニー・タルコフスキー「コンスタンティノープル短編集」-黄金の子供時代
  • アレクサンドル・ソルジェニーツィン 魂の「家」を求めて-『イワン・デニーソヴィチの一日』『ガン病棟』『マトリョーナの家』
  • ワシーリィ・シュクシーン『赤いカリーナ』-大地に蘇るペトルーシカ
  • セルゲイ・ドヴラートフ『かばん』-スーツケースに詰められた人生
  • アナイート・グリゴリャン「長い夏」-「どこでもない場所のまんなかで」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ロシアの物語空間
著作者等 新井 美智代
樫本 真奈美
角 伸明
近藤 昌夫
高田 映介
書名ヨミ ロシア ノ モノガタリ クウカン
出版元 水声社
刊行年月 2017.3
ページ数 317p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-8010-0182-4
NCID BB23555843
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22891493
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想