猫色ケミストリー

喜多喜久 著

落雷によって、計算科学専攻の大学院生の明斗と、構内に棲みつく野良猫、女子院生スバルの魂が入れ替わってしまった。しかも明斗はスバルに、スバルは猫に意識が入りこんでいる。明斗の肉体は昏睡状態。元にもどるため奔走する一人と一匹は、猫の餌から研究室で違法薬物の合成事件に気づく。餌に薬物を混入した犯人の目的とは?『このミス』大賞作家による、大人気の化学ミステリー。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 猫色ケミストリー
著作者等 喜多 喜久
書名ヨミ ネコイロ ケミストリー
書名別名 Nekoiro kemisutori
シリーズ名 宝島社文庫 Cき-2-2
出版元 宝島社
刊行年月 2013.5
ページ数 343p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-8002-0969-6
NCID BB13343408
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22243058
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想